〜 2016年8月31日を持ちまして業務を終了いたしました。長い間ご愛顧いただきありがとうございました。       

Ver05.03

有限会社イハラ
 
[会社概要]

TOPWinSyslogEventReporterSyslogビューアUpgradeInsuranceQ & Aシステム構成例サポート

(注意) このサイトは、2017年5月31日に閉鎖いたします。 詳細はお知らせをご覧ください。

                                                                                   

<ログファイルを作成日毎に別のフォルダに保存するには>

WinSyslog 、および EventReporter のファイルアクションで作成されるログは、デフォルトでは一日ごと新たに作成されます。(「独自のファイル名を作成」が有効になっているため)デフォルトでは、それらはC:\temp に保存されます。

作成日を名前にしたフォルダを作成し、その配下へログファイルを保存したい場合には、プロパティ値 $NOWを利用することにより実行可能です。

 

以下の手順にて操作を行なって下さい。

1) 「ファイル名のプロパティの置換を有効にする」をチェックします。
2)  
ファイルパス名を C:\temp\%$NOW:1:10% とします。

$NOWは現在の時刻(YYYY-MM-DD HH.MM.SSを指定するプロパティ値です。
%$NOW:1:10%
は、現在の時刻の1文字目から10文字目までを指定するものです。

 

 

上記の設定にて、例:2007-10-29 という名のフォルダが temp の中に作成され、その中にその日のログファイルが格納されるようになります。

プロパティ値は、「挿入」の項目がある箇所であればどこでも利用できます。
また、必要に応じて、この変数の値を変更して下さい;

%$NOW:1:4%     :年 (例:2007
%$NOW:6:7%     
(例:10
%$NOW:1:10%   
:日時(例:2007-10-29
%$NOW:12:20%  
:タイムスタンプ(例:16.58.01

 

Copyright (c)2011 Ihara Inc. All Rights Reserved.
Microsoft、MS-DOS、Windows NT、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。