〜 2016年8月31日を持ちまして業務を終了いたしました。長い間ご愛顧いただきありがとうございました。       

Ver05.03

有限会社イハラ
 
[会社概要]

TOPWinSyslogEventReporterSyslogビューアUpgradeInsuranceQ & Aシステム構成例サポート

(注意) このサイトは、自然災害(停電等)やセキュリティ対策を行う際に予告なく 停止される場合があります!

WinSyslog についてダウンロードシステム必要条件機能フィルタ

WinSyslog について


WinSyslog
は、ドイツ Adiscon社 により開発された Syslog メッセージを受信し、管理するためのソフトです。

 

WinSyslogを使用することにより、ルータ、スイッチ、ファイアーウォールやプリンターなど、Syslogに対応しているデバイスから発信されたSyslogメッセージを受信することができます。
受信した Syslog は、必要に応じて「メールで管理者へ通知」、「Syslog 形式のメッセージとしてサーバーへ転送」などの処理を行うことができます。また、ファイルログアクションを使用することで、イベントログをテキストファイルとして各ローカルマシンに保存することも可能です。
 

また、フィルタの条件を設定し、それにマッチする Syslog に対してのみアクションを実行させることも可能です。 (メッセージの絞込み)
例えば、破棄アクションとフィルタの条件を組み合わせて頂くことで、重要でない Syslog メッセージを破棄し、必要なものだけを別のSyslogサーバーへ転送することも可能です。また、重要なメッセージのみを抽出し、管理者へ Eメールで送信することも可能です。

さらに、Syslogサーバーへイベントログを転送する際、メッセージをカスタマイズすることも可能です。
同様に、Eメールで送信するメッセージ、件名のカスタマイズも可能となっております。


EventReporter と組み合わせれば、Windows のイベントログを Syslog メッセージとしてWinSyslog で受信し、集中管理することもできます。
また、付属のツールであるインタラクティブ Syslog ビューアを使用することで、リアルタイムに画面上で Syslog メッセージを表示することが可能となります。

 

ダウンロード


WinSyslog は、パッケージ化された製品ではないため、店頭販売は行っておりません。

下記のURLより WinSyslog をダウンロードして頂き、セットアップを実行することですぐにご使用いただくことができます:
 

WinSyslog 13.1

http://www.port139.co.jp/download/winsyslog/WinSyslog13.1JP.zip
ftp://www.port139.co.jp/download/winsyslog/WinSyslog13.1JP.zip

 

それ以前のバージョンは、こちら からダウンロードしてください。

セットアップ後30日間は、試用版としてライセンス登録を行わなくとも動作致しますので、ご購入前にお試し頂ければ幸いでございます。 (試用期間を終了致しますと、WinSyslog サービスは起動できなくなります。 )
試用期間の終了後も継続して WinSyslog をご利用 頂くには、ライセンスを購入して頂く必要がこざいます。

TOPへ

システム必要条件


WinSyslog は、設定を行う「クライアント」とWindows サービスとしてバックグランドで稼動する「サービス」により構成されます。

WinSyslog クライアント は、以下の環境でご利用いただけます:

OS

Windows 2000 SP3 以降のシステム
 Windows 2000/XP/Server 2003*1 /2008 *2 /Vista/ *3/8 /Server 2012 *5 /10 *7を含む)

ワークステーション、サーバーを問わず

64bit版OS*4でもご利用可能

SP やR2、Standard などのエディションに関わらずご利用可能

メモリ

6MB

ハードディスク

およそ10MBの空き容量が必要

必要ソフトウェア

インターネット・エクスプローラ 5.5 以降のバージョン
(クライアントはXMLを使用します。)

.Net Framework 3.5 SP1 (WinSyslog 13 以降のバージョンのみ*6

クライアントは、インテル・ベースのシステムのみ利用できます。 


WinSyslog サービスは、以下の環境で動作いたします:

OS

Windows 2000 SP3 以降のシステム
  Windows 2000/XP/Server 2003*1 /2008 *2 /Vista/ *3/8 /Server 2012 *5 /10 *7を含む)

ワークステーション、サーバーを問わず

64bit版OS*4でもご利用可能

SP やR2、Standard などのエディションに関わらずご利用可能

メモリ

4MB
その使用環境により
64MBのメモリ追加を推奨

ハードディスク

およそ1MB の空き容量が必要

サービスはより小さな必要条件で稼動します。
最も重要な違いは、サービスはシステム上にインターネット・エクスプローラを必要としないということです。

 

*1 Windows Server 2003 には、 WinSyslog 4.2 以降のバージョンで対応しています
*2 Windows Server 2008 には、 WinSyslog 8.2 以降のバージョンで対応しています
3 Windows 7 には、WinSyslog 9.2 以降のバージョンで対応しています

4 64bit版 OSには、WinSyslog 7.0 以降のバージョンで対応しています

*5 Windows 8、および Server 2012 には、 WinSyslog 12.0 以降のバージョンで対応しています

*6 WinSyslog 13 以降のバージョンは、.Net Framework 3.5 SP1 が必要となります (インストール時に要求されます)

*7 Windows 10 には、WinSyslog 13.0 以降のバージョンで対応しています

TOPへ

機能


WinSyslog で設定できるサービスとアクションは、以下の通りです;

サービス

ハートビート

サービスが稼動していることを通知します (通知間隔を設定可)

MoniorWare Echo Reply

MonitorWare Echo Request サービスに対応
MoniorWare エージェントに関連するものです)

Syslogサーバー

Syslog メッセージを受信します (Syslog サーバーとして動作します)

SNMPトラップ受信

SNMP メッセージを受信 します

SETPサーバー *1

SETP メッセージを受信します

RELPリスナー

RELP メッセージを受信します

アクション

ファイルログ

受信したメッセージをファイルに保存します

データベースログ

受信したメッセージをデータベースに格納します

OLEDB 受信したメッセージを OLEDB データベースに格納します

イベントログ

Windows のイベントログにメッセージを書き込みます

Eメール送信

受信したメッセージEメールで送信します

Syslog転送

受信したメッセージを別の Syslog サーバーに転送します

Net Send

メッセージが Windows 「net send」機能を通して転送されます

コミュニケーションポートに送信

メッセージを実装されたコミュニケーションデバイス(シリアルポート)に送信することができます

SNMPトラップ送信

受信したメッセージを SNMPト ラップとして送信 します

SETPで転送 *1

メッセージを SETP サーバーに転送します

RELP 送信 RELP メッセージを送信します

プロパティの設定

受信するメッセージを編集することが可能です

ルールセットの呼び出し

サービスの「使用するルールセット」で選択した以外の、別のルールセットを呼び出すことが可能です

ステータスの設定

受信したメッセージに対して、新たにプロパティを追加することができます

ステータス 変数算出

特定のプロパティの値を増減させることができます

ホスト名解決 Syslog サーバーサービス以外のサービスでのホスト名を解決します

Post‐Process イベント *2

一度処理されたメッセージを再解析することが可能です

プログラム開始

外部のプログラムを起動させることができます

サウンド再生

サウンドファイルを再生させることができます

破棄

メッセージを破棄し、 処理対象から除外することができます

1:エンタープライズ エディションでのみご使用になれます。

2:プロフェッショナル、エンタープライズ エディションでご使用になれます。  

TOPへ

フィルタ機能


WinSyslog では、ルール配下の「フィルタの条件」で設定を行うことで、 メッセージの絞込みを行い、そのフィルタに合致したメッセージに対してのみアクションを実行させることが可能です。

例えば、特定の文字列を含むメッセージを抽出したり、ファシリティ値別にログファイルを作成したり、お客さまのニーズに合わせ様々な設定を行うことが可能となっております。

 

フィルタで使用可能な演算子

AND

全てのフィルタが一致した場合のみ、結果が「真(True)」になります。

OR

ひとつでも一致するフィルタがあるならば、結果が「真(True)」となります。

NOT

NOT演算には、ひとつのフィルタしか作成できません。
フィルタが一致した場合、「偽(False)」となります。

XOR

XOR演算は、2つのフィルタのうち一方が一致した場合のみ、「真(True)」となります。

フィルタ

一般

ソース

Syslog メッセージを送っているデバイス のソースを指定します

ソース(IPタイプ)

Syslog メッセージを送っているデバイスを ソース指定します(範囲指定できます)

メッセージ

メッセージに含まれる文字列を指定します

CustomerID

エージェント毎に設定された ID を指定します

SystemID

SystemID を指定します

ステータス名および値

「ステータスの設定」アクションに対応しています。

Date/時間

時間

時間を指定します

曜日(○曜日に実行)

曜日を指定します

インフォメーション ユニット タイプ

Syslog

Syslog サービスにより作成されたイベントを指定します

ハートビート ハートビートサービスにより作成されたイベントを指定します
SNMP トラップ SNMPトラップ受信サービスにより作成されたイベントを指定します
RELPリスナー RELP リスナーサービスにより作成されたイベントを指定します

Syslog

ファシリティ

Syslog ファシリティを指定します

プライオリティ

Syslog プライオリティを指定します

Syslogタグ

Syslog タグ値を指定します

Syslog バージョン

Syslog バージョンを指定します (RFC5424)

Syslog Appname

Syslog Appname を指定します (RFC5424)

Syslog ProcID

Syslog ProcID を指定します (RFC5424)

Syslog MSGID

Syslog MSGID を指定します (RFC5424)

Syslog Structdata

Syslog Structdata を指定します (RFC5424)

SNMPトラップ

コミュニティ

SNMP の構成要素に対応します

エンタープライズ

SNMP の構成要素に対応します

属名

SNMP の構成要素に対応します

バージョン

SNMP の構成要素に対応します

稼動時間

SNMP の構成要素に対応します

拡張プロパティ

プロパティをカスタマイズします。

TOPへ

 


Copyright (c)2016 Ihara Inc. All Rights Reserved.
Microsoft、MS-DOS、Windows NT、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。