〜 2016年8月31日を持ちまして業務を終了いたしました。長い間ご愛顧いただきありがとうございました。       

Ver05.03

有限会社イハラ
 
[会社概要]

TOPWinSyslogEventReporterSyslogビューアUpgradeInsuranceQ & Aシステム構成例サポート

(注意) このサイトは、2017年5月31日に閉鎖いたします。 詳細はお知らせをご覧ください。

                                                                                 

インストール時に設定クライアントを選択する

 

WinSyslog 13、EventReporter 14 には、新しい設定クライアントが実装されております。
これまでの設定クライアント(Legacy Client)もご利用になれます ⇒ インストール時にどちらかを選択します。

※ WinSyslog 13、EventReporter 14 で Legacy Client をお使いになる場合、新たに加えられたオプションは設定することができませんので、予めご確認ください

※ 新クライアントは、現時点では、ライセンスの設定で登録ライセンスのバージョンを確認することができません。
(次のバージョンで実装の予定です)

 

具体的な手順は、下記をご参照下さい。

 1 セットアップタイプの選択で Custom を指定する  

インストールの際、ウィザードのセットアップタイプを選択する場面で、Custom を選びます(下図参照)

 

▲ [ウィザード] セットアップタイプの選択 (WinSyslog)

 

2) Custom Setup にて WinSyslog Client か WinSyslog Legacy Client を選択する  

次の画面では、インストールする機能を選択することができます。
デフォルトでは、下図のように設定されております。
ここでの WinSyslog Client (EventReporter Client) は、新クライアントになります。(従来のクライアントは Legacy Client です。)
 

▲デフォルトの状態 (WinSyslog Client;新クライアントがインストールされます)

 

従来のクライアントをお使いになる場合、まずは WinSyslog Client (EventReporter Client) を無効にします。
(▼プルダウンメニューから「This Feature will not be available.」を選択すると無効になります)

次に、Legacy Client(従来のクライアント)を有効にします。

(▼プルダウンメニューから「This Feature will be installed on local hard drive.」を選択すると有効になります)

 

▲ Legacy Client を選択した状態(従来のクライアントがインストールされます)

 

お使いになりたいクライアントを指定した後は、ウィザードに従ってインストールを進めてください。

 

 

Copyright (c)2016 Ihara Inc. All Rights Reserved.
Microsoft、MS-DOS、Windows NT、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。